経営者・役員候補の紹介

M&A前後の企業経営を高いレベルで推進させるため、
経営者や役員の候補者としてMBAホルダーを紹介しています。

ビジネス環境が急速に変化するなか、注目されている人材がMBAホルダーです。MBA(Master of Business Administration)とは、高度な経営学を学ぶビジネススクールの修了者に与えられる修士号(学位)です。M&A前後から経営者(候補)や役員として参画させることで、企業経営を高い水準で推進することができます。

M&Aプロセスでも重要である買収後の経営統合(PMI)に対し、準備(合意形成)、PMI対象業務の洗い出し、戦略立案・実行、リエンジニアリング、リストラクチャリングまでをMBAホルダーが一気通貫でハンズオンします。(一般的な期間は約300日)

PAGE TOP