M&Aのノウハウ

企業価値算定

企業価値算定方法は、大きく分けて3種類あります。

  • インカムアプローチ
    DCF法 等
  • マーケットアプローチ
    類似企業比較法 等
  • コストアプローチ
    時価純資産法 等

DCF法とは
 将来的に見込まれるキャッシュフローから、リスクの大きさに合わせて設定した割引率(将来的な価値を現在の価値に直すための利子率)で引くことで算出します。そのために事業計画を作り、将来のキャッシュフローの予測を出すことが必要になります。譲渡企業の会計上に現れない無形の資産(のれん代)についてもDCF法では加味されるため、キャッシュフローだけでは測れない企業価値を正しく測ることが出来ます。

類似企業比較法とは
 株式市場やM&A市場における取引価額を基準に算定する評価方法です。評価対象の企業に事業内容や企業規模、収益性という観点で類似した公開会社を複数選出した上で、類似企業の企業価値と財務上の数値を基に比較し、評価対象の企業の企業価値を算出します。財務上の数値は売上高、EBITDA、EBIT等の複数の指標から選んで計算するのが一般的です。多くの場合、企業価値とEBITDA倍率が使用されます。非常に客観的な価値を算定することができますが、中小企業と同じビジネスモデルで同規模の上場企業を探し出すことが難しいという欠点があります。

時価純資産法とは
 譲渡企業の資産・負債を時価に直した上で、時価換算した資産合計から時価 換算した負債合計をひいた額を算出します。

【その他
回収期間法とは
 投資したお金が何年間で回収することができるかを見積もり、回収期間の長さにより、投資を実行するかしないかを検討する方法です。

PAGE TOP