M&A表明保証保険

表明保証保険では、対象表明保証違反に起因して
譲渡(売却)企業(被保険者)が被った損害を補償します。

表明保証条項は、M&A取引の当事者が契約締結時やクロージング時等の一定時点において、M&A取引の前提となる一定の事項が真実かつ正確であることを相手方に対して表明、保証するものであり、補償条項とセットすることで表明保証違反による不利益を相手方にも負担させるリスク分担機能を有しています。
表明保証条項は、株式譲渡契約など多くのM&A契約において規定され、最終譲渡契約書に盛り込むことが一般的です。

譲受(買収)企業から表明保証違反に起因する補償請求をされた場合、契約書上の補償限度額の一定割合を表明保証保険に転嫁することで、譲渡(売却)企業の財務インパクトを軽減すると同時に、違反発生時の費用支出を抑制することができます。

譲渡(売却)企業の資力または担保が限定的である場合、表明保証保険にご加入いただくことで補償資力を補完することができます。これにより、譲渡(売却)企業の信用を補完することが可能となり、円滑な取引実現が期待されます。

当該事業からの完全な撤退を目的とする場合、表明保証保険の活用により、よりクリーンなエグジット(当該事業からの完全な離脱)を実現することができます。売却後、安心してお過ごしいただけます。

PAGE TOP